HOME>レポート>家賃保証会社の気になるシステムをリサーチ

家賃保証会社の気になるシステムをリサーチ

男性

相場や注意点を知ろう

家賃保証会社を利用するためには、保証料を支払い、契約をする必要があります。初めて利用する家賃保証会社では初回保証委託料金が発生し、翌年の更新月にも保証委託契約更新料金が必要です。どこの保証会社でも契約できるわけではなく、不動産会社と提携している保証会社のみ契約をすることが可能になります。そのため、保証内容や物件によって保証料に差がでます。おおまかな費用の相場は、初回保証委託料金で月額賃貸料金の約半分程度となります。ただし、注意しなければいけない点は、最低保証料金を設定している保証会社です。一般的には賃貸料金の半分ですが、賃貸の金額が大幅に低くても保証会社が設定した最低保証料金は支払うことになります。

グラフ

利用するメリットとは

収入が安定してあるにも関わらず、連帯保証人を設定することができないケースがあります。多くの場合は、家族と疎遠になっており連絡をすることができないケースです。そのため、賃貸を選ぶにあたって連帯保証人が必要ないところか、家賃保証会社と提携している不動産会社を探すことになります。連帯保証人は親族に頼むのが一般的ですが、親や兄弟などの3親等以内で決めることができない場合は知人を連帯保証人として設定することができる不動産会社もあります。家賃保証会社と契約するメリットは、親族に頼むことができず、知人にも頼みづらい方が安心して賃貸を借りることができるという点です。ただし、注意点もあります。保証料の滞納などがあった場合は、月額賃貸料に相当する料金を請求される場合や翌年の更新契約ができないこともあるので、保証料の滞納は行わないようにしましょう。